自分でできる!頭蓋リズム調整
ホーム > 自分でできる!頭蓋リズム調整

自分でできる!頭蓋リズム調整

2012年11月17日(土)2:22 PM

tettochiro

kodomoegao

さて今回は自分でできる頭蓋リズム調整をお伝えします。
用意していただくもの
●テニスボール×2個
●靴下
写真は靴下でなく肘用のサポーターを使い両端をしぼっている
頭蓋リズムについて・・・
頭は23個の骨の集まりで出来ています。それぞれが1分間に6~12回のリズムで動いています。
脳脊髄液が硬膜の中で増えたり減ったりするのに対応する運動がこのリズムです。
私達が普段している呼吸(肺)を第二次呼吸といい、この頭蓋のリズムはお母さんのお腹の中から行なっているため第一次呼吸とも呼ばれます。
体の歪み、関節の異常、ストレス、外傷、感染、重金属、化学物質などの影響で頭蓋リズムは乱れてしまいます。
乱れてしまった頭蓋リズムを調整することで
☆副交感神経の働きがスムーズになり不眠やイライラが解消される
☆免疫力が向上し風邪などにかかりにくくなる
☆頭痛の軽減
☆つわりや産後のうつの軽減
☆活力の増加
等など
やり方・・・
仰向けになり 眼と耳の上部を結んだ延長線上に靴下に入れたボールを置く(ボールが当たるとフィット感のある小さなくぼみがあります)
リラックスし静かに呼吸をする(ヨガで言う死体のポーズ)
この状態で10分間只々ゆったりと過ごしてください。
深い瞑想をしているかのようなリラックスした時間になると思います。
このまま寝てしまわないように注意してくださいね。
風邪の流行りだすこの時期に自分の免疫力を引き出す手軽な方法です。
ぜひお試しください!
※禁忌について
●14歳未満の方・・・頭蓋骨がまだ柔らかいため
●骨粗しょう症、ダウン症候群、または上部頚椎(首)の椎骨に器質的問題のある方
●これまでに脳卒中、脳動脈瘤や脳出血があった方
●過去12ヶ月の間に頭蓋骨を骨折しているか、硬膜の破裂で入院した方
●過去6ヶ月で硬膜外注射を受けた方
●脳腫瘍、または水頭症の方
●診断未確定の重度の頭痛、めまい、視覚障害のある方
以上該当する方はこのテクニックはしないでください。
hp gentei
TEL:0664230460



過去の記事を読む