砂糖中毒の怖さについて
ホーム > 砂糖中毒の怖さについて

砂糖中毒の怖さについて

2018年07月15日(日)8:11 AM

 

仕事柄、食事の指導をする機会が多くあり、例えば毎日の献立に味噌汁を入れてくださいとか、米をしっかりと食べてください、等の今ある生活に何かを加えることは比較的簡単なことではあるが、一番厄介なのが『砂糖を抜く』です。

現代人の殆どが自覚を持たずして砂糖依存中毒の体質となっており、病の原因に砂糖があると指摘すると喜ぶのではなく悲しむ人が非常に多いのです。

ある三十代の女性のケース

体質は非常に悪く常に体のどこかが痛むという状態で、体中が弛んでいると言った表現がピッタリの人でした。

食養が必要であると説明し『砂糖はNG』と伝えると、今まで普通に受け答えしてきた態度が豹変した。

曰く「私は健康のためにチョコレートを欠かさず毎日取ると決めている。カカオポリフェノールには非常に良いものが含まれているのを知らないのか?」とえらい剣幕で噛み付いてきました。

おそらく明治製菓(だったと記憶している)がチョコレートに含まれるポリフェノールが大脳に良い働きをするかもしれないからその研究を今から始めます。

といった内容のものを新聞一面広告で行ったもの(詐欺行為?)で各方面から大ひんしゅくをかった物に脳が刷り込まれた(洗脳)様子でしたが、

とにかく他の内容は受け入れられても『砂糖断ち』は一切受け入れないと明言されました。

その必要性について理を説きましたが一切受け入れないとの事でしたからお引取り願いました。

これは極端なケースですが『砂糖断ち』が辛く感じられる方も多くおられるのです。そこで良い対処法を紹介します。

自律神経バランスが崩れると反射的に人は甘いものを求める傾向があります。

その時に【梅干し】を口にすると一気に自律神経バランスのリセットがかかるため甘い物の欲求が減ります。

砂糖は麻薬と一緒という学者もいます。

自分の健康のためにサプリメントを摂るくらいなら砂糖を抜くほうが数万倍、体には良いのです。

もしも砂糖断ちにチャレンジするなら梅干しを携帯してみてください。

今日も皆様が健康でありますようお祈りいたします。



過去の記事を読む