最近の合洗シャンプーの酷さに愕然
ホーム > 最近の合洗シャンプーの酷さに愕然

最近の合洗シャンプーの酷さに愕然

2018年07月31日(火)6:49 AM


私は30年前に後頭部が禿げてしまったことがあります。

原因は合洗シャンプー 合洗と書いて合成洗剤の略です。

当時使っていたシャンプーは毛穴に詰まった皮脂汚れを落とし頭皮を健やかにするとコマーシャルしていたもので将来ハゲたくないと思っていた、私はそのサクセ○という少し高いシャンプーでせっせと洗髪していた。

そんなある日、街なかで鏡に写った自分の頭を見てアルシンド状態の自分の頭皮にびっくりしたのです。

何が原因かはよくわからないが、無添加の石けんを使って自分と同じような境遇の人が健康な毛を取り戻したと本に書いていることを発見し早速シャボン玉石けんを入手し使い始めたところ、およそ三月で毛が生え始めてハゲが治ったのです。

それから石けん運動を展開している人たちの本を読み漁り、自分が使ってきた洗剤や石けん、リンスから、つまり合洗と言われるものが如何に人の健康を阻害する嘘っぱちだらけのまがい物かと知ったので身の回りのものを全て安心安全なものに切り替えた。

そして世間ではマイナーではあるが本当に良いものを作っている人達がいるのだと感心し自分も30歳を超えてしまったが、何か人の役に立つ人の体を癒す仕事に就きたいものだと考えるようになり35歳の時にカイロプラクティックと出会うことになります。

それからずいぶんと時は立ちました。

合洗などからはずいぶんと縁遠くなっているものですから現状はどうなっているのか知ることもありません。

そんな時にお客さんに経皮毒について話す機会がありました。

意外と知らない人が多いことに驚くとともに未だにライオンや花王は悪行を重ねているのかと思い少し調べてみました。

愕然としました。。。。

なんと今販売されている合洗シャンプーやボディソープには抗炎症剤が入っているのです。

しかも一番多く含有されている成分がそれでした。。。

肌に優しいを謳い文句にしているシャンプーの中身はステロイド剤と変わらない薬漬けのシャンプーでした。

自分のところの合成界面活性剤だと間違いなく肌荒れが起きる、しかも最近の若者は昔と違って体質が悪く耐性が低い。

となれば薬を入れてしまえということなんでしょう。

腐りきった企業体質ですね。

こういう嘘をつく企業の方が儲かるというのは現実なので如何にだまされないように知識を得るかが肝心です。

何がボタニカルだ!嘘ばっかりじゃないか!

まずは成分表を見る!

そして調べる!

そうして自分の体を守って下さい。

一番安心なものは無添加の石けんです。

今日も皆様が健康でありますようお祈りいたします。

 



過去の記事を読む