常識という固定観念の固さ
ホーム > 常識という固定観念の固さ

常識という固定観念の固さ

2018年07月21日(土)7:31 AM

 

先日のこと、『不眠』のために来店されたお客様がいました。

一通り、お身体のチェックと生活習慣の質問をしまして、結論として塩不足と食のバランスの悪さが原因だろうと判断しました。

時間をかけ順序立てて説明しましたが

○塩は減らしたほうが良いという固定観念

○主食の米は減らし、野菜、タンパク質を中心として摂るのが健康的だという固定観念

にとらわれていまして全く伝わらなかった、つまり新しい概念を受け取ることができなかった結果となりました。

残念に感じますが、世の中の年寄りと言われる年代の方は特に頭がカチコチになっており『固定観念』の殻はちょっとやそっとではびくともしないほど固くなっている。

こうすれば健康になれる!沢山の人を幸せにできるという想いにブレはないが全ての人に伝わるわけではなく、世の中の多くの人はテレビや広告で見聞きしないと信じないという奴隷のマインドを持っているのだと改めて思い至った。

今、自分にできることは自分をもっと磨いて、人の心をつかめる人間になろうと思った。

本日も皆様が健康でありますようお祈りいたします。



過去の記事を読む