尼崎市 不妊のお悩み 癒着と瘢痕
ホーム > 尼崎市 不妊のお悩み 癒着と瘢痕

尼崎市 不妊のお悩み 癒着と瘢痕

2013年07月10日(水)1:50 午後

不妊 尼崎市 不妊のお悩み解決 テットカイロオフィス 癒着と瘢痕 tettochiro   kodomoegao 瘢痕 身体は怪我や外科的処置等の損傷後直ちに治癒のためのプロセスが開始されます。負傷した組織の領域にエラスチンとコラーゲン繊維の急激な増加が起こり本来の繊維方向とは別の繊維方向の並びになります(ランダムに配列する)。 こうして受傷部に瘢痕組織ができます。瘢痕組織は身体のメカニカルな動きや生理的な流れを阻害し周辺組織を変形させる可能性を持ちます。 瘢痕を通しての刺激が周辺組織を乱しこの場所に緊張を起こすことで弾力性変化(多くの場合硬くなる)を引き起こします。 瘢痕組織が腹部領域にある場合近隣の臓器(例えば子宮や膀胱など)も機動性を失い固定化される影響を受けることになります。 固定化されるまたは運動に制限がかかることで病気の原因になったり臓器の誤動作を引き起こす可能性があります。 癒着 瘢痕、炎症、感染症、または特定の身体部分に強い圧力を受けた結果癒着は起こり殆どの場合組織の疾患の原因となります。 癒着は特に腹部領域で簡単におこり瘢痕と同様に組織の弾力性を変性させます。また臓器間では非伸縮性繊維での結合が進むことで可動性減少、機能不全、病気へと進行します。 これらの瘢痕・癒着は腹部・腹膜で起こりやすく内臓の緊張、卵管卵巣の運動に制限を与えます。 子宮のねじれにより周囲瘢痕化すると卵管流体に干渉を起こします。癒着と瘢痕が靭帯のいずれかの部分に発生すると骨盤腔における卵巣の動きを乱します。性病と中絶は卵管癒着につながる可能性があります。 骨盤内の臓器の位置を改善し循環を改善し瘢痕・癒着により起こった可動性の制限を改善することは不妊治療に欠かせないとテットカイロオフィスでは考えています。 テットカイロオフィスでは不妊でお悩みのお客様へ ●施術を行い身体機能の改善を行います。 ●生活習慣の問題点を一緒に探し改善に導いていきます。 ●必要なセルフケアを指導しお客様自身が自己管理できるようにサポートします 

今だけhp限定 TEL:0664230460



過去の記事を読む