尼崎市  50代メニエール病の女性
ホーム > 尼崎市  50代メニエール病の女性

尼崎市  50代メニエール病の女性

2013年07月23日(火)2:03 午後

zutuu 尼崎市 めまいのお悩みは テットカイロオフィスにおまかせ 50代メニエール病の女性 tettochiro   kodomoegao その50代の女性はメニエール病と診断されました。発症は突然起こり厳しいものでした。 そのため彼女は車の運転を諦めることにしました。 最初の症状が起こって内リンパシャント術を受け2年間は何事も無く過ごすことが出来ましたが最近になって再度の発症が起こりました。 朝が最も症状が強く午後になっても続くことがありました。また右耳の聴力を50%損失していることも最近の検査で明らかにされました。 彼女は2度めのシャント術の代わりにカイロプラクティックを試してみることにしました。 カイロプラクティック検査により上部頸椎にサブラクセーション(神経系に影響を及ぼす椎骨のズレ)が見つかり頚椎の可動域制限が両側に見られた。また骨盤部にも脚長に影響を与えるサブラクセーションが見つかった。 サブラクセーションに対するアジャストメント(調整)は彼女のバランスを取り戻し頚椎の可動域を正常なレベルに戻すことが出来ました。 一年後彼女はメンテナンスのためのアジャストメントを定期的に受け無症状を維持しています。 テットカイロオフィスではめまいでお悩みのお客様へ ●施術を行い身体機能の改善を行います。 ●めまいを引き起こす問題点を説明し再発予防のための改善策を考えます。 ●必要なセルフケアを指導しお客様自身が自己管理できるようにサポートします

今だけhp限定 TEL:0664230460  



過去の記事を読む