コンビニおにぎりは和食になるの???
ホーム > コンビニおにぎりは和食になるの???

コンビニおにぎりは和食になるの???

2018年03月09日(金)4:25 PM

慢性疲労のお悩みで来店されたあるお客様に食の大切さをお話した所、食の改善に前向きに取り組んでいただきました。

手作りのお弁当を持参で仕事に行かれるようになり、ずいぶんと調子が良くなっていましたが、ある時から急に悪くなりました。

食生活について再度お尋ねすると最近調子が良いので、ついつい外食が増えてしまったとの事。

しかし私から日本人の遺伝子にあった食べ物をとらないといけないと聞いていたのでコンビニのおにぎり(梅)を主に食していたとのことです。

はたしてコンビニのおにぎりは我々の遺伝子にあった食事と言えるでしょうか。検証してみました。

まずおにぎりに使われているお米ですが、コンビニのお弁当全般に言えますが備蓄米(古古米)を使用しています。

味やつやのなさ独特の匂いがあるので誰も買わないため途方もなく安いのです。

そこにメーカーは目をつける、古米に精米剤(乳白色の液体)を噴霧して一定時間タンクに入れてから精米するとあら不思議新米並みのつやと白度の米に変身する。

この精米剤の成分はプロピレングリコール 医療品や車のラジエーター不凍液に使われている薬品で扱う際には防護服を着るほど危険な薬品です。

要は高圧でお米にプラスチックコートをするようなもので、だから時間が経っても不自然なつやつやのご飯になります。

次に具になる梅干しだが海外から塩漬けにされた梅を国内工場で水につけ塩抜きをします。

この時に梅に含まれる有機酸、ミネラル等の身体に良いものは抜けていきます。この梅の形のカスに化学調味液で味付けし薬品漬けされた梅干しもどきがコンビニおにぎりの具となります。

このプラスチックご飯に梅干しもどきと化学調味料や保存料、炊飯油と混ぜ合わさったものがコンビニおにぎりの正体です。

こんなの食べるから解毒に体力を奪われて疲労体質になってしまうのです。

皆様くれぐれも勘違いされませんように。

たまには・・・半年に一回くらいなら問題ないと思いますよ。



過去の記事を読む