ぬか床は宇宙
ホーム > ぬか床は宇宙

ぬか床は宇宙

2018年08月07日(火)7:31 AM

 

私がぬか漬を始めてから一月たった。

最初はただしょっぱいだけの漬かった物も、だんだんと旨味が増してきており、今やどんな野菜も最高の漬物に変身させる魔法のツボとなった。

熟成したぬか床には1gあたり10億を超える微生物が住んでいるという。

2kgのぬかを投入した私のぬか床には今後2兆の微生物で賑わうはずであり、これはもはや小宇宙と呼んで良いのではないかと思うのであります。

ぬか床に住まう乳酸菌たちは、たとえ農薬まみれであろうが放射性物質に汚染されていようが見事に無毒化させる力を持っている。

つまり同じ方向性を持った、腸内においては善玉菌として働く菌たちが、ぬか床内において私をより健康に導くためにその能力を発揮しているのだと思うとありがたくてありがたくて手を合わせてしまうのだ。

ぬか床の菌たちの働きは、毒素を抜く不思議な働きを持っている。

ということは風呂桶ほどの大きさのぬか床を作って自分の体を漬けてしまえばひょっとすると相当な毒出しが出来るのではないかと想像してみては一人ニヤニヤとその想像の世界を楽しんでいる。

改めて日本人の伝統文化に頭が下がる。

今日も皆様が健康でありますようお祈りいたします。



過去の記事を読む