自宅で簡単!セルフケア
ホーム > 自宅で簡単!セルフケア

自宅で簡単!セルフケア

自宅で簡単!セルフケア

テットカイロオフィスではお客様の状態に合わせたセルフケアを処方・指導しています。
なかでも簡単でどんな方にも適応するだろうというものをホームページでご紹介することにしました。
遠方でお店に来られない方やご自身で健康管理をされたい方のお役に立ちますように!

まず第一弾。
自分でできる骨盤矯正のやり方をご紹介します。名づけて”テット式ブレスボディケア”です。

体の各部位は呼吸に合わせてほんの僅かずつ運動しています。この僅かな運動が身体中で連動することでクオリティの高い呼吸になります。
テット式ブレスケアはこの呼吸に連鎖する運動を利用して矯正を行います。

①仰向けになり腸骨(骨盤の羽の部分)に手を当て深呼吸を行います。

②鼻から空気をお腹いっぱいになるまで吸い込みます。この時骨盤の前の出っ張り(写真赤丸の部分)は互いに離れていきます。

骨盤吸気
口から細く長く空気を吐き出していきます。膨らんだお腹が凹んでいくと骨盤の前の出っ張りは互いに近づいていきます。

骨盤呼気
この骨盤の運動を手で感じながら少しだけ骨盤の運動を手で手伝って下さい。

③骨盤が開いたり閉じたりするのを手で手伝いながら5~10呼吸繰り返していきます。

④次に骨盤の運動を継続させながら空気を吸い込む際に腿を外に捻ります。空気を吐き出す際に腿を内側に捻ります。この運動も5~10呼吸繰り返します。

股関節吸気

 

股関節呼気

⑤更に骨盤、腿の運動を継続させながら空気を吸い込む際につま先が頭の方に来るように足首を動かします。空気を吐き出す際にはつま先が下がるように足首を動かします。この運動も5~10呼吸繰り返します。

足関節吸気

 

足関節呼気

⑥立ち上がり骨盤の動き(仙腸関節の動き)が良くなった感じを確認します。おしりから脚までがすっとつながったように歩行できるのが目安になります。

他にもどんどんご紹介していきますね。

過去の記事を読む